ホームサービス・業務のご案内 > コージェネレーション[コージェネレーションシステムについて]

業務・サービスのご案内

コージェネレーション

大丸エナウィンのコージェネレーション

現代の私たちの暮らしや産業に欠くことのできないエネルギー。
しかし、その限りある資源と環境問題については、多くの課題を抱え、ますます深刻化しています。そうした時代に応えるべく、エネルギーシステムのひとつとして注目されているのが、「コージェネレーション」です。

当社はこのエネルギーシステムを身近なご家庭の中にお届けし、住まいの快適性を高めるシステムバスやシステムキッチンなどの様々な最先端の住宅設備機器と組み合わせ、エネルギー効率が高く、ムダの少ない新しい暮らしを皆様にご提案してまいります。

コージェネレーションシステムとは

マイホーム発電イメージ
ガスでマイホーム発電

コージェネレーションとは、内燃機関、外燃機関等の排熱を利用して動力・温熱・冷熱を取り出し、総合エネルギー効率を高める供給システムのひとつです。
主に産業用として発展してきましたが、最近では都市ガスやLPガスを用いたエンジンまたは燃料電池の仕組みで発電するシステムの開発により、一般家庭への普及が進んできました。

これらは「ガスコージェネ」と呼ばれ、「消費電力を減らす」から「自分で電力をつくる」これからの省エネトレンドとして期待されるエネルギー供給システムです。

ガスコージェネ導入のメリット

エネルギー効率の比較イメージ
効率性

発電所で発電する際に発生する排熱は、ほとんどが利用されず廃棄されますが、ガスコージェネでの発電時による排熱は給湯・暖房などに利用するので、エネルギーを有効的に活用できます。
また、発電所からの「送電ロス」のムダもカットできます。

経済性

自家発電と排熱の有効利用、システムの自動運転機能などにより、従来に比べ、ご家庭の光熱費を大幅に低減することができます。

環境性

LPガス(プロパンガス)は、石炭や石油による火力発電などに比べ二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないクリーンなエネルギー資源です。

家庭用コージェネの種類

エコウィルは、都市ガスやLPガス(プロパンガス)でエンジンをまわし発電を行います。その際に発生する排熱を給湯などに利用します。
家庭用コージェネレーションシステムでは現在最も普及しています。

さらに詳しく

エネファームとは、「エネルギー」と「ファーム=農場」の造語で、ガスや灯油などから、燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電する家庭用燃料電池です。
発電時の排熱も給湯などに利用します。

さらに詳しく

サービス・製品情報に関するお問い合わせは大丸エナウィン株式会社リビング事業本部 電話06-6685-5101/現地調査+無料見積、光熱費シミュレーションのご依頼は、

お近くのぽっぽガスを検索

このページの先頭へ